2018年09月01日

夏おしまい

やっと酷暑の夏が終わる。
気温が30℃以下になった夜は毛布がいるくらい極端で、生活の乱れはカラダにちょうどいい気候が安定しないせいにしとく。

でも、ことしの夏はめいっぱい楽しんだ。
いろいろ遊んだ、って意味じゃなくて、暑さを敵にしない術を少しは身につけたかんじ。

暑すぎるせいか雑草があまり生えなくなってた駐車場は、猛暑が落ち着いて夕立が繰り返されるようになった途端、見えてる土をおおい尽くす勢いでいきなり草原化した。

まいにち雷はどこかに落ちて、そのたびに一瞬の停電がめんどうで、空が怪しいネズミ色になると執筆道具をトートバッグに詰めてファミレスに避難する。

わたしがよく行くファミレスは、いろんな人たちが作業場としてつかってる。
服のデザインをタブレットとスケッチブック広げていろいろ描いてる人。
マンガを描いてる人。
小説らしきものをノーパソで書いてる人。
絵本の下絵を描いてる人。
色鉛筆で草花の絵を描いてる人。

どう見ても全員日本人に見えるおじいさんたちが全員英語でしゃべってるナゾのグループもよく一緒になる。

そこのファミレスはひとり、ものすごいかんじの悪いおばさんの店員がいる。
接客に向いてなさすぎるひどい態度なんだけど、お店で注意されないのか、ぜんぜん改善される気配がない。

そのおばさんにあたるたびに、「あ、ハズレだー」って、今日の悪運はこれで使い果たして得したきぶんになる。


さいきん急にわたしはまた恋した。
米津玄師に。
BOOTLEGってアルバム買って、車でヘビロテ。
LOSERいいよねー。
セルフカバーの打ち上げ花火、わたし、こっちのほうが好き。


ネットにいちいち読書記録を残そうと意識しなくなってから、読書が気軽なものになった。
図書館で何冊も借りてきて、きぶんでテキトーに読み漁ってく。
さいごまで読まないものもあるけど、気にしない。

でも読書記録を残さないと、読んだものって呆れるぐらい忘れてく。
思春期に読んだ本って鮮烈な記憶をとどめてたりするのに、オトナになってからの読書って感動が一過性。
十代にしかできない体験っていうものを、二十代後半になっていろいろ思い知る。


ことしは、スプリさんにプロポーズされて。
でもわたしはやっぱりケッコンっていうものをしたくないし、だれかと暮らすこともイヤだから断ったみたいになって。

ただ、スプリさんと恋人みたいな関係でいるのは自然体になってたから、こんなかんじで続いてくんだとおもう。
わたしがちがう人とケッコンするわけじゃないならわたしの非婚主義を受け入れてくれる、って言うし。

限りある「生きてる時間」を、だれかと共有する。
じぶんの時間すべてではなくて、一部だけだとしても。
それぐらいの他人との重なりがわたしにはちょうどよくて、依存しなくても人を愛することはできるよねー、っておもう。

なくしてしまってもいいものしか持たない。
そんなふうにかんがえてるわたしだけど。
なくしたときの哀しみを抱える覚悟を持っていれば、なにかを愛することをおそれる必要もない。

わたしはもう二度と弱いこころで人を愛さない。
じぶんの弱いぶぶんは、だれにも共有させない。

ネコみたいに、じぶんが弱った姿は草むらに隠して、好きな人に見せる姿はいつも凛としてたい。
そんなふうに人を愛したい。




posted by ぴの at 19:25| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

夏の初雪

北海道で初雪だってー。
関東はいきなり秋っぽくて、でも西のほうはまだ猛暑のところがあるらしくて。
四季が同時多発ってかんじ。


神奈川で、夜更けに走ってたトレーラーを無理矢理停めてガラス割ってスタンガンで脅して強盗した、ってニュースを聞いて、こわくなった。

わたしは真夜中のドライブが好きだけど、走ってる限りは車の中なら安全だとおもってたからねー。
前方に割り込まれて停車されたら、こっちも停まるしかない。
煽りの場合はドアロックを解除するなって言われてるけど、ガラス割られてこわい武器で脅されたらお手上げじゃーん。

いよいよ日本も夜中に無闇にうろつけなくなったってことなのかな。

さいきんは明確な悪意で煽られることもたびたび。
わたしは煽られるとさっさと道譲っちゃうし、隣に停車されてなんか怒鳴られてるの見ると、笑顔でゴメンネって口動かす。
オンナだからか、それ以上は絡まれないけど、走り去る煽り車に、宇宙人にさらわれろー、って呪いはかけとく。

ドラレコつけようか迷うけど、車内にドラレコや後付けのナビとかある車が、軒並み荒らされてる事件が地元で頻発してるから、つけるのためらう。
ガラス割られたら、保険つかうほうが損らしいから自費修理は痛すぎる。

このまえは真夜中の山の上で、だれも通らないような山道の脇に、ヤンキーみたいな人たちのバイクがたーくさんいた。
そこを通りすぎるのはちょっとこわかった。
そのときはなにもなかったけど、もし悪意の強盗グループがあんなふうに通る車を待ち受けてたら逃げようがないよねー。

夜中にジョギングしてる人、スマホ見ながら歩いてる女性、保護者の付き添いなしでコンビニに買い物に来る小学生。

昼間と変わんない意識で真夜中の外に出る。
そんな気楽さがあたりまえだった日本の良さが変わってくと、夜型ニンゲンにはすごい不便。


夜中のドライブのいいとこは、渋滞がない、歩行者や自転車がほとんどいない。
だから事故リスクが減るとこ。

但し景色は見えないから、遠くに海が見えてる山道の絶景感とか味わえない。

それでオススメなのは。
お昼過ぎに首都高湾岸目指して、午後に千葉方面に向かう。
逆の上り車線の大渋滞を気の毒がりながら、ガラガラな下りの湾岸〜習志野〜蘇我で降りて大多喜街道を外房まで、か、蘇我通り越して木更津北で降りて久留里街道で鴨川まで。

暮れていくまで渋滞なしのドライブで景色を楽しめて、幕張PAや市原SAで安くて美味しい食事をガラガラな店内でのんびり味わえて、復路の夜道も渋滞にひっかからなくてノンストレス。
真っ暗な山道は星がたーくさん見えるし。

市原SAのイートインは奥にふかふかの椅子のテーブルがあるの。
空いてる時間帯だとぜったい座れるから、わたしのお気に入りの場所。

幕張PAのトイレは上下線ともきれいで冷暖房アリだから、中に入るとほっとしちゃう。


宝くじが当たったら。
贅沢するとか堅実に生活費にして働くの辞めるとか、いろいろ妄想するけど。

いまのわたしなら、まず住民票のためにやっすいアパート借りて、家賃光熱費は口座振替にしてほったらかし。
それで四駆を新車で買って、あとは気儘にずーっと日本中をドライブして暮らすの。
車中泊もするけど、お金はあるから宿にも泊まる。

キャンピングカーだと駐車出来る場所が限られそうだから、車はフツーの。

とにかくまいにちまいにち運転して、ガソリン代とか気にせずにすきなように走りまわって、運転できないぐらいに体調が悪化したら、帰ってきてカンタンに終活して入院して死ぬの。

宝くじ当たってほしいー。
切実。


 

posted by ぴの at 23:21| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

人生を片づける

空がピカピカ光って、ときどき豪雨のシャワーが降ってきて、でも灰色と墨色のもくもくな雲に開いた穴から真っ青な空が覗けて、太陽が傾いてくると柔らかい光の天使の梯子が穴から降りてきて。
そんなごちゃごちゃな天候の日、夜中に山の中に着くように車走らせて。

夜空にも薄い雲が広がってたけど、やっぱりあちこちに穴が開いてて、そこからキラキラした星たちが見えた。
雲がないような黒い夜空の場所でも、ときどき壊れた電灯みたいに空全体が明るく点滅する。
雷って目に見える雲がなくても発生するの?

薄雲が広がってる場所がいちばんあたりが真っ暗な山道で、空が大きく開けてた。
そこで車を停めて降りて、雲の切れ間に目をこらして星を見た。

見えたよ!
一粒だけ、ペルセウス流星群。

よーく見ると、天の川もうっすら見えた。

満足満足。
(^_^)


『あなたの人生、片づけます』(垣谷美雨著)
って本を読んでる。

汚部屋にしちゃった人たちの家と心を、片づけ屋のおばさんがカウンセリングしてくストーリーの小説。

池田暁子さんのお片づけのコミックエッセイを読んだ人かな、ってかんじるエピソードも出てきたけど。

片づけれない人たちが、片づけ屋のおばさんのおかげで片づけていけるようになる展開の短編集になってて。

この小説や池田さんのコミックエッセイでは、一念発起して床を埋め尽くしてた「なにか」をどんどん捨ててくんだけど。
とくに細かい分別 はしてないんだよね。
ただただ目につくものをゴミ袋に投げ入れてく。

これならカンタンだから、わたしだってたーくさん散らかしちゃっても、すぐ片づけれる。

分別が細かすぎて、いちいち分別表見ながら選別するのが面倒で、よくわかんないモノが溢れてっちゃうんじゃーん。

引き出しの中のごちゃごちゃなものは、ゴミ袋に引き出しひっくり返して一気に捨てちゃうエピソードがある。
これがやれたらゴミ出しなんていつでも気合いでやれるよねー。

片づけれない人って、ゴミの分別がかなりのハードルになってるとおもうから、分別の苦労やコツをいちばん知りたいのにー。

って、おもった。

片づけれない人のブログをいろいろ覗いてみることもある。

発達障害のせいかなっておもう人もいるし、心の中に問題を抱えてそうな人もいる。

部屋を片づけることと人生は、私も関連があるとおもってる。

わたしの抱えてる問題を解決してくれるナントカ屋さんみたいな存在を、わたしも切望しちゃう。

抱える問題を、なーんにも分別することなくぽいぽい投げ捨てていけたら、人生ラクになるね、きっと。すぐ。




posted by ぴの at 16:29| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする