2017年05月06日

怖いものを怖く書く才能

「変わりゆく日々」なんてタイトルつけたきのうの日記。
読み返したら、ぜんぜんいつもとおなじようなことしか書いてなくて、ひとりで笑った。

ブログに書くことは、いつも似たような話ばかりになってる。
だけど、実際はいろんなことがちゃんと変化したり進化したりして、似たような日々の繰り返しの中でも、変わってしまうものはたくさんある。

ゆうべは由比ヶ浜で夜光虫が見れて、ツイッターではトレンドに出るほど話題になってた。
はじめて「夜光虫」っていうものを知ったけど(コトバだけは知ってたんだけど、ホタルみたいに陸上の光る虫かとおもってた)、そういえばお父さんから聞いたことあるのをおもいだした。

いろいろわすれてるだけで、親から教わっていたものはいろいろあるねー。

特になにも用事がなければ毎週のように走りに行ってた海が、あんなふうに光るなんてわくわくしちゃう。
いつかわたしも見れるといいな。



ラジオでよく流れるこれ、すごい好き。



泣きたくなっちゃうぐらいにきれい。
アリアナは「バラ」なんだね。



ことしいろいろ本を読んでるから、読書記録みたいなのを書きたくてブログ開いたんだけど。
飲みながらやってたら、なんかもうめんどくさくなっちゃったんで、ぱそこん消しちゃう。

小説を読むとき。
その世界にはいりこむのに時間がかかるものもある。

だから、さいしょの数ページはものすごい時間かけて読んで、もうやめてもいいかな、って迷ったりするけど、なんとなくカバンにいれたままにしてるから、出先で仕方なく続き読んだり。
でも、とつぜんその世界にすーっと入りこめると、かんぜんにその物語に浸りきる。

こんどはそれを読み終えるころ、終わらせたくなくて、わざと速度を落として読んだり。
それで、ついに読み終えちゃったときの虚脱感と喪失感。

もう浸りきった世界が消えちゃった喪失感ね。

ひとつ読むたびに、失恋みたいなきぶんになって、へとへとなかんじになる。

その話をスプリさんにしたら、なんでそんなに全身全霊で読むの?ってフシギがられた。

『裏庭』みたいだよねー。

裏庭 (新潮文庫) -
裏庭 (新潮文庫) -

「裏庭」に入り込むたびに、命を削ってく、みたいな。
入り込んだ裏庭で命削って、いつかわたし、「表」に戻ってこれなくなる日がくるかも。

この「裏庭」って小説は凄すぎて、こんな物語を書ける才能に憧れる。
ジブリがまだ手を出さないのがフシギ。
(わたしはジブリ嫌いだから、ジブリアニメにはなってほしくないけど、ジブリアニメになりそうな世界観だもんねー)

わたしは「裏庭」を消したくなくて、この小説、途中から読めないままでいるの。
読み終わっちゃうのがこわいから。

このまえブックオフに行ったら、ブックオフオリジナルの絵本っていうのがあった。
絵がステキなんで惹かれて立ち読みしちゃったけど、ものすごいステキな絵本でびっくりした。

https://www.bookoff.co.jp/event/ehon201410.html

これこれ。
「ぼく、にんげんになれるかな」っていうのと、ここには載ってないけど、ウサギの王さまの絵本がすごいステキだった。

なんで買ってこなかったんだろ。
たった500円なのに。
(ブックオフでいつも108円の本ばかり買うから、500円ってものすごい高額、っていう気になっちゃったんだよねー)
絵本だから、買うほどでも、っておもっちゃったんだけど、また見かけたらこんどはぜったい買う。

さいきん、絵本とか児童小説とかも読んでる。
オトナが読んでもおもしろいストーリーのものを選んで。
(コドモ向けって、いかにもオトナ目線の、教育勅語を推す政府的な感覚で「管理者が望むただしい世界観」を押し付けてくる物語があったりするからねー。ああいうのって、コドモを見下して、コドモの純真を腐敗させるだけだよ)

児童小説を読んでると、子どものころ、じぶんがそういうものを読んでたときの感覚が蘇る。
子どものころに「おもしろい」とおもった絵本や児童小説って、オトナになったじぶんが読んでもおもしろいんだよね。

コドモを見下してないオトナが書いたコドモ向けの物語はおもしろい。
オトナはコドモをただしく躾けなくちゃ、っておもう「教育理念」を創作にからめた児童向けストーリー、って、コドモに対する支配欲たっぷりなテキストにすぎないから。

オトナが官能小説を書くより、児童小説を書くほうがむずかしい気がする。
むずかしい、っていうか、これこそ天賦の才能みたいなものに左右されるかも。
「小説」を書けるからって、だれでも児童小説も書ける、ってわけじゃないんだとおもう。

このまえ読んだ児童ホラー小説はおもしろかったけど。

グースバンプス (1) 恐怖の館へようこそ (グースバンプス 世界がふるえた恐い話) -
グースバンプス (1) 恐怖の館へようこそ (グースバンプス 世界がふるえた恐い話) -

コドモがいる家族が巻き込まれたホラーな話なのね。
引っ越した家に、コドモは「なにか」がいるのを見る。
でも、親は「気のせい」って言って、ぜんぜん取り合ってくれない。

こういうストーリーのとき、オトナってだいたい「バカ」に書かれるのはなぜなんだろう。
コドモから見ると、オトナって意外にバカ、ってみえてしまうのもあるんだろうけど。

親が「なにか」の存在に気づけたんなら、それはオトナが主人公のオトナ向けのホラー小説になる、ってことなのかな。

この小説を、スティーヴン・キングが書き直したら『シャイニング』みたいになるのかもねー。
でも、『シャイニング』は、もう少し簡潔な文章でリライトしたら(キングの文章ってクセがありすぎて、読むのにコツがいるもん)、あのストーリーのまま、児童向けホラー小説にもなるとおもう。

「怖い」文章を書けるようになりたい。
だから、ホラー小説を書いてみたい。

きのうブクログに登録した『憎鬼』って小説は、文章で「怖さ」がものすごい伝わってきてすごかった。

憎鬼 (RHブックス・プラス) -
憎鬼 (RHブックス・プラス) -

とつぜん、街でだれかがだれかを惨殺する。
そういう惨殺がどんどん街中で増えてく。
ギリギリの生活費で子ども3人を妻と育ててる主人公が、その「惨殺」の被害に遭わないように家族でビクビクしながら暮らす一週間の話。

この作家の人、ネット小説で人気が出たっていう人らしいけど、筆力がすごいとおもった。
原書で読んだわけじゃないけど、翻訳の文章でも筆力のすごさは感じれる。

突如「惨殺」する「憎鬼」と対峙しないように怯えながら通勤する描写が、ひしひしと怖さをかんじさせるんだけど。
満足な暮らしを営めない低所得の家族のギリギリの生活、の描写も、リアルでものすごい重苦しい。

ストーリーそのものをたのしむ、というより、わたしは、この作家の筆力に圧倒されてた。
おなじネタを与えられたとして。
こんなふうに「怖く」書ける?
って、じぶんに問いながら読んでた。

文章のすごさをかんじる小説を読むと、ものすごい宝物発見したみたいな高揚感がある。
やっぱりねー。
文章を書く人は、その文章が命、だよねー。

古畑任三郎のドラマでも、そういう話がある。
まるっきりそっくりの双子(おなじ女優さんが二役やってる)のシナリオライターの話。
ふたりの共作、ってことで、ひとつのペンネームで双子姉妹が活動してる、っていう設定なんだけど。
ほんとは、執筆は片方だけで、もうひとりはどっちかっていうと営業活動専門。
でも、その執筆をしないほうがおもしろいストーリーを思いつく天才、なのね。

その人が、いいセリフが書ける脚本家と、プロットがうまい脚本家がいる、っていうことを話してた。
シナリオの場合、どんなにプロットがうまくても、セリフがダメだったら、ぜんぜんダメな作品になっちゃう。

小説も、どんなにプロットがおもしろくても、文章に魅力がなければ、読者を魅了できない、ってことなんだとおもう。

マンガの場合。
画力があってもストーリーが作れない人もいるけど。
そういう場合は原作者がつくよね。

わたしも、だれかと共作したいなー、っておもう。
共同ペンネームをつかって。

でも、人気作家になったら殺人事件になっちゃう?
(^_^)
(さっきの古畑ドラマのふたごの脚本家の話は、刑事コロンボの『構想の死角』が元ネタだよね。あれも片方だけ執筆して片方は書けない共同ペンネームコンビの解散殺人事件)


ぱそこん消すとか言って、なんかだらだらそのまま書いちゃったけど、脳みそがつかれたのでここまで。



posted by ぴの at 20:34| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする