2017年11月08日

現実を捨て書に隠ろう

久しぶりにじぶんのブログにログインして、いろんなこと書きたいけど、そんな時間もなくて、ただ殴り書きみたいに、キーボードを殴り打ち、する。

さいきんのわたしは、ネットあそびをぜんぜんやらなくなった代わりに、図書館通いにはまってる。

いままではブックオフで税抜き100円の文庫棚から好きなだけ買いこんで、それをぜんぜん読みきれずに紺色の袋に入れたまま部屋に積ん読の山を築いてくばかりだったけど。

あるときとつぜん、断捨離の呪いにかかって、たーくさん買った古本を、ぜんぜん読まないまま、たーくさん捨てはじめた。
(ごめんなさい。すごいバチアタリみたいなことしてる)

そうでもしないと、家の中が少しも片づかなくて、でもいろいろ片づけたいきもちは募ってて、「捨てる」っていう方法がいろいろ一番だったから、捨てれるものは捨てる、っていう不用品粛清の家庭内恐怖政治を目指したの。

それで、「図書館にある本は所有してはならない」っていうMy法律をつくって、じぶん的合法読書に励みだした。

そんなわけで、地元の図書館は、いまは「わたしんちの別館書庫」ってことになった。
家に置き切れない本を「別館」に置いてるのです。(わたし的に)

貸し出し本の返却期限は2週間だけど、わたしはヒマがあると図書館に行ってる。
いままで、ヒマがあるとブックオフに寄ってた感覚で。

ふらっと寄って、まずは新着コーナーや返却ワゴンを見る。

じぶんが探したい本は、館内検索機でカンタンに探せるけど。
それって、アマゾンで欲しい本を買うみたいなものね。

でも、欲しい本が特にあるわけでもなく、ふらっと街の本屋に立ち寄って、目についた本との出会いをたのしむ、みたいに、じぶんのアンテナが向いてない方向性の本との出会いを図書館でもたのしんでる。
それは、「人の選択」に依存した新着本や返却本がうってつけ。

じぶんがぜんぜん知らなかった「こんな本があるんだー」っていう出会いの感動は、「人の選択肢の中」にあるんだよねー。

インターネットでいろんな人が書くものをザッピングしてた感覚で、図書館でいろんな書物をザッピングする。

わたしのブログ時間が減ったのは、そのぶん、「本」へのアクセスに移行したから。

人生って、「本」があれば、充分に足りる、っておもう。
100人の人と出会うことより、1冊の本が人生に深みをもたせることもある、よね。

インドア派のわたしは、100人のニンゲンに会う体力も気力もぜんぜん持ち合わせてないけど、100冊の本を読もうとする欲望はやすやすと持てる。



返却ワゴンで見つけた「ぜんぜん知らなかった作家」の小説が、あまりに美しい文章すぎて(なんでせう、この日本語)、ほんとに涙が出てきちゃう感動に落ちた。(恋に落ちた的表現)


天使のゲーム〈上〉 (集英社文庫) -
天使のゲーム〈上〉 (集英社文庫) -

上下巻の、まだ上巻の、それもまだ途中までしか読んでない、の。

それなのに。
それでも。

この小説は、あまりに隠喩が美しくて、なんかね、その美しさにほんとにね、読んでて涙が出てきて、じぶんでもヘンだとおもったけど、でも、泣けるような感動、っていうのを味わってる。
じぶんにもそれだけの文才があれば、いま、もっとマシな表現で麗しい感想を書けるのに。

でも、わたし。
こんなにも美しい文章を読める幸運に陶酔する。

こんな美しい詩的な表現で小説を書けたら、どんなにしあわせだろ。
どんな美人より、どんなお金持ちより、美しい隠喩を生みだせる知性に、涙が出るぐらいにわたしは魅せられる。

これは訳者の文才もすごい作品だとおもう。
こんな美しい日本語に訳せる才能があったからこそ。


さいきんのわたし。

萩尾望都さんの繊細な絵に魅せられて。
カルロス・ルイス・サフォンの美しい比喩表現に酔い痴れて。

それから。
万年少佐のドイツ人に、恋をして。

三次元に生きなくてもいい気が、してる。




posted by ぴの at 20:16| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする