2018年08月08日

カプチーノとカフェラテのちがいがわかんない

ファミレスのドリンクバーで両方作ってみるけど、いつもわたしにはおんなじに見える。
どっちも泡ぶくぶくのミルクコーヒー。


大人になる、っていうのは、大人になろうとする成長を止めることで、達観、っていうのは、まわりに鈍くなること。

せっくすがめんどくさいとおもうようになったころから、わたしはなんか解放された。

親密度があがるとすぐに性欲を剥き出しにする「おぢさん」に散々うんざりしたら、わたしは「知的なオトナの男性」への憧れがなくなった。

恋人とか配偶者って形でパートナーを持つ意味がすこしわかってきた。

あなたとはなにがあっても性的関係に発展させることにはなりません、って暗黙の意思表示が、さいしょからできる。
不貞OKな感覚の人の性欲には、不貞NGなきれいな拒絶をできる。

やわらかいオンナなんかになりたくはない。
わたしはわたし。
好きも嫌いもわたしが決める。
人にひきずられる柔軟性なんて纏えなくて、つきあいづらいと避けられるぐらいがじぶんの安寧を守れる。

社交性の価値がわからない。
かかわる他人の数と、じぶんの成熟度は比例しない。

すこししかいない友だち。
たまにしか会わない家族。
ベタベタしない恋人。
縛らない他人。

ひとりきりの時間をどれだけ持てるかで、命の長さがかわる。

魂を削らない。
じぶんを売らない。

いろんな人たちを下らなくおもえるようになったじぶんを、オトナになったのかなって。
人をバカバカしくなって切り捨てられるスキルがついてきたじぶんを、どこかで見下すじぶんがいて、わたしはわたしの高みに立って、じぶんの人生を見渡す。

こんなふうになったじぶんが嫌いでもなくなるんだとしたら、わたしはわたしにだいぶ寛容になった。

寛容は鈍さ。

使い込んだ刃物が摩耗するように、じぶんの尖ってた部分がなんの役にもたたない丸さを持つ。

じぶんはしあわせに生きてるけど、わたしはだれかをしあわせにすることはない。

どこまでもひとりぼっち。



posted by ぴの at 15:12| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

妄想らぶ

ちょっと華やかな業種のキャラクターの物語を依頼されて、設定をいろいろ考えてた。

友だちが芸能界に入ったから、いろいろ話が聞けるようになったんで、俳優にしようかなー、っておもって。

それで、そのキャラクターのいろいろを決めてって。

生年月日。
生い立ち。
容姿と性格。

デビューのきっかけ。
デビュー作。
その後の活動歴。
映画の賞の受賞歴とか。
ギャラとか。

どんなふうに人気が出てって、どんな雑誌の表紙やグラビアに出て、どんな媒体で露出が増えてったか。

ライバルとか、パパラッチとか、バッシングとか、ファンクラブとか。

私生活のことも。
住んでる家。その場所と価格。
乗ってる車。
所有物すべてに対する思い入れやこだわり。

交友関係。
友だちも生年月日や生い立ちや性格などいろいろ細かく設定。

口ぐせ。
特異性。

恋愛観。
人生観。
死生観。

好きな作家。
好きな音楽。
よく読む本。
リスペクトする人。

ショートスリーパーだとか。
持病持ちだとか。



どんどん出来あがってリアルになってく「わたしが創った俳優氏」に、わたし、いつの間に恋に落ちてた。

いろいろクセがありすぎる人物で、万人から好かれるタイプではなくて。

でも、わたしは「彼」に恋しちゃって。

だれともその恋をシェアする気にはなれなくなって。
その「俳優氏」の物語は、わたしの胸の中にお蔵入り。

あまりに設定をすべて細かく作りあげてったから、彼が出演した作品も、ひとつひとつシナリオまで書いて(つまり、映画の脚本を数本書きあげちゃった!)、映画の賞の受賞の際の「スピーチ」まで書いた。

そこまでして、このキャラクターを仕事に使うのをやめちゃったから、かんぜんに「壮大な妄想遊び」に耽っただけ。
(^_^)(^_^)(^_^)

なんかじぶんがアブナイ領域に足を踏み入れた気がする。
(^_^)

妄想たのしいよ!

妄想でいろいろ考えた「映画の脚本」は、実際の仕事に転用できそうだけど。

依頼されたお仕事のほうは、違う華やかな業種を考え直して渡した。

じぶんのあたまの中だけで恋ができるようになったら、おひとりさまの完全体になれるよねー。


うふふ。


ふふふ。





posted by ぴの at 14:12| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

蚊がいない夏とマレフィセント

今年の猛暑はいろいろすごすぎて、まいにち空からドライヤーあてられてるみたい。

春先から駐車場にいると大群で襲ってきてた蚊が、梅雨明けてからは暑すぎてぜーんぜんいない。
8月になってからはクマゼミが鳴き出した。

私設温度計の非公式な数値だとねー。
あの極寒の冬はマイナス14℃の記録出したし、この夏は44℃。
冬と夏の気温差58℃!

水道からお湯しか出てこないから、指をヤケドしたとき、ぜんぜん冷やせなくて困った。
わらうー。

うちの冷凍庫はアイスノンと麦茶ばっか。
アイスノンはソファーで寛いでるときも、背中にあてとくと気持ちいい。
いろいろ使うから交換用にアイスノンをいくつも買った。


実写の「マレフィセント」見たー。

切なくて、映像がきれいで、オーロラが可愛すぎ。

ストーリーがすっごいよかった。

真実の愛。

わたしも見てて、王子さまのキスじゃないとダメなのー?、っておもったから。

オーロラが目覚めたとき、涙出た。

でも、オーロラのお父さんは、あんなラストじゃなくて、娘が知ってる「愛」で変わって欲しかったな。

愛の話なんだもん。

隠れ家のオーロラたちにいろいろ意地悪してたマレフィセント、可愛かったよねー。

こんなストーリーにしたディズニー、素敵。



posted by ぴの at 18:45| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする