2017年01月20日

真冬の読書

ブログを書いてるヒマがぜんぜんなかった。
といいつつ、また「もひとつブログ」つくったんだけど、そっちもぜんぜん書けてない。

やりたいこと、がいろいろあっても、ちゃんとそれをやれてない。
もともとそういうことに無能感が溢れてたわたしだけど、益々無能なかんじがすごくなってる気がする。

きょうは雪、って予報だったけど、未明の気温は氷点下になってなくて。
さいきんは氷点下になってないと「あったかい」ってかんじる。
真冬はだいたいそんなかんじで、氷点下の数字がおおきくなる時期がすごい好き。

目に見える虫がうろつかない冬は、夜、ベッドのとこのライトだけ点けて読書ができるから好き。
夏は暗闇に灯りがここだけ、って環境つくると、すぐに灯りのとこに虫が集まるからイヤなの。

ポメラサイズのぱそこんがあればいいのに、とおもう。
スマホとノートパソコンの中間ぐらいで、ちゃんとキーボードがあるの。
ノートパソコンは、持ち歩きにいろいろ気をつかいそうな気がするし、タブレットも画面が傷つかないようなバッグとかが必要なかんじがするし。
(どっちも持ってないから想像だけ)

でも、ポメラってキーボードも画面も内側に折りたためて、厚みはあるけどごろっとした本体はそのままバッグに無造作に放り込んでおける気楽さがある。
キーボードひろげてもそんなに大きくないし、画面がノートパソコンよりちいさいから、どこかのお店でつかってても人に覗かれにくいし。

お店でお仕事とかしてる人。
横を通る人から画面丸見えなの、なんでぜんぜん気にならないんだろ、って、いつもフシギ。

ものすごいいろいろ活躍してるライターさんと仲よくしてもらってるんだけど。
その人はいろいろ試して、いまは結局、アナログになってる、って言ってた。
ちいさい原稿用紙を持ち歩いて、出先ではそれにいろいろ書いちゃうんだって。
ベッドに入ってからも、おもいついた文章をすぐにそのまま書けるから、意外にベンリ、って。

それでわたしも真似して、ちいさい原稿用紙を持ち歩くようになった。



ちゃんと感想を書こうとおもうと、ちゃんと書くヒマがなくて、書かないままになっちゃうから。
読書メモ的に、ブクログに登録した「読んだ本」の話を雑に。

夢を与える (河出文庫) -
夢を与える (河出文庫) -

これ読んだ。
綿矢りささんは、いろいろ読みたいとおもってて、でもちゃんと読んだのはこれがはじめてかも。

だから、わたしはデビュー作の文体なんてぜんぜんわかってないから、アマゾンであんまり評価の高くないレビューをいろいろ読んでもピンとこないのがおおかった。

この小説しか知らないわたしは、そんなに文章が上手な人じゃないなー、とはおもった。
でも、文体をかえる試みをしてた時期のものだったみたいだから、まだ試行錯誤中、ってことなら納得。
その前後の作品も読んでみたくなる。

文章の魅力はそんなにかんじなかったけど、わたし、この小説は好き。
内容がものすごいよかった。
ちょうどわたしは「芸能界にはいったばかり」の人を身近で知ってたタイミングだったし。
書くお仕事関係のいろんなパーティとか飲み会とかでも、「芸能界」にいる人と知り合うこともあったし。

フランス人と日本人のハーフの父親と日本人の母親をもった夕子。
生まれた時から容姿に恵まれてたから、周りからの勧めもあって、夕子の母親は娘をモデルにする。
赤ちゃんのときから母親が勝手に描いた人生を歩まされた夕子。
容姿にすごい魅力があったから、特にガツガツしなくても、幸運のように「いい仕事」が舞い込んできて、そのまま売れっこになっていく。

あたりまえのように受けるインタビューの受けこたえも、夕子は事務所の指導もあって慣れていく。
将来はみんなに夢を与える女優になりたい。
そんなテンプレなコトバをさらさらと口にできるようになるけど、夕子には「夢を与える」っていう意味がわからなくて。

事務所がつけてくれたマネージャーは、輝いてる夕子を見て、じぶんも輝きたいな、ってファンがおもうことだよ、っておしえる。
いろんな職業を演じることで、その職に憧れる、とか。

でも、夕子は、なにかきたならしいコトバにもおもえて。
上から、の、思いあがったような、きたならしさ。

そんな夕子が、親も事務所も反対する無名のダンサーのオトコに恋して、つきあうようになって、そのせいでじぶんが築いてきたなにもかもをダメにして失墜してしまったとき。
「夢を与える」っていうのはどういうものか、って、やっとわかる。

その「夢を与える」という意味は、いまさら小説に書かれなくてもいいぐらいにありきたりで、だいたいの人はフツーにわかるものなんだけど。
生まれた時から親の意向のままに芸能界で生きてきた夕子が、はじめてじぶんの「意思」をもったら、そのせいでじぶんのいままでのすべてを壊してしまった、っていう残酷な経験をしてやっと「真理」を知る、っていうストーリーが切なかった。

芸能界と無縁で、外からそういう業界を眺めてる「傍観者(ファンとか、テレビの視聴者とか)」なら、芸能界で売れてる人が業界でどういう価値をつけられてるか、ってわかるよね。
努力したから、ってかならずそれが報われるわけでもない。
どんなに演技力や歌唱力をつけても、生まれついた容姿に左右されてしまうものもおおきいし。
この小説でも、芸能界では女性は若いうちにしか価値がないような話もでてくる。

じぶんでじぶんの価値をつくれない。
人から望まれた「じぶん」から外れると、価値を失ってしまう。

ラストは救いがない。
じぶんの「恋」がとんでもないスキャンダルになって、すべてを失ってしまう夕子は。
痛手を負ってかしこくなってカンタンに笑わなくなった女の子なんてだれもテレビでみたいとおもわない、ってコトバで斬られてしまう。

どんなに痛い目に遭っても、バカなままの女の子ならまだつかえる、っていう価値観。

かしこくなったなら、芸能界から飛び出してしまえばいいのに。
でも、夕子が飛び出すべきとこは、「芸能界」じゃないよね。
母親。
母親を捨ててしまわないと、夕子は一生、じぶんが殺されたままでいるとおもう。
生まれた時から、っていうか、生まれるまえから、夕子は母親の人生のための小道具でしかなかったんだから。
夕子の父親をつかまえるための妊娠。
夕子の母親はそうやって、じぶんから離れていこうとするオトコをつかまえて、生んだ子どもでじぶんの夢ゴッコを実現する。

これは芸能界の話、というより、毒親の話。
ひとりのジコチューなオンナが、オトコとムスメの人生をじぶんの欲を満たすために台無しにした、っていう話。

だよねー。

この小説。
ドラマになってるんだねー。

連続ドラマW 夢を与える [DVD] -
連続ドラマW 夢を与える [DVD] -

原作の夕子と小松菜奈さんは、ぜんぜんイメージがちがう、ってわたしはおもう。
『乾き』っていう映画も、原作の娘と映画で娘役やった小松菜奈さんはぜんぜんイメージちがいすぎるし。

でも、「ぜんぜんちがう」っていう役にいつも選ばれてしまう小松菜奈さんは、ものすごいフシギな魅力がある女優さんなんだとおもう。
わたしはまだ演じてる小松菜奈さんは見たことないけど、いろいろ雑誌とかで見る小松菜奈さんにものすごい魅力かんじちゃうもん。

ドラマも見てみたいなー。



まだほかにも読んだ本がいろいろあるけど、これだけ書いたら時間切れ。
つづきはまたのー。
じゃあのー。






いろいろLil Wayne聞いてると、なんか無性にこのMVのLil Wayneが見たくなっちゃう。



posted by ぴの at 19:30| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする