2018年07月30日

アナログ暮らし

本の話をするのにアマゾンを貼れないのはちょっと不便だね。
自宅のぱそこんはもうぜんぜん使わないぱそこんレスな生活になってるから、いい加減タブレットを使い慣らせばいいのに、原稿さえ書けて送れればあとはどうでもいい生活、っていうのに慣れすぎちゃってる。

スマホを使うようになると、スマホの利便性がわからない。
ガラケーより電池の持ちがわるくて、充電器も持ち歩くのがふつうだよって教えられたけど、荷物が重たくなるのって「便利」の逆行じゃない?

自宅外で仕事することが増えてから、わたしはますますアナログ系になる。
(スマホやタブレットをスマートに使いこなせなかっただけ)

便利な機器類よりはぜんぜん軽いノート2冊と三色ボールペン1本。
ノートの1冊はネタ&取材帳。
もう1冊は方眼になってて、そこに原稿をざっと書く。
それを下書きにして、あとで直しながらテキストデータとして入力して、完成させたら送信。

紙のノートのいいとこはね。
電車の中でも、座れるとこならどこでも、海岸で波の音聴きながらでも、パッと開いてさらさら書けちゃうとこ。

自宅でゆっくりぱそこんの前に座れるような時間を確保することより、どこででも仕事が出来るようにしたら、ぱそこんにぜんぜん触らない生活になった。

ぱそこんに触らなくなると、わたしには自宅での自由な時間が増えた。
その時間を使って、ゆっくり掃除をしたり、のんびり本を読んだり。

家でひとり飲みをするのが好き。
仕事で東京のステキなお店をいろいろ知る。
そういうとこで食べたメニューを、でたらめに再現してみる。

増えた自由な時間で、遊ぶように料理をする。

リサイクルショップで廃人ソファーを七千円で買った。
座ると二度と立てなくなるぐらい、カラダがソファーと一体化しちゃう座り心地のサイコーなやつ。

そこでだらだらとひとりで飲んで。
酔いがまわったら、そこでそのまま寝て。
ふわふわのミニ毛布も買ったし。


この端末の困ったとこは、長文打つと重たくなるとこ。
でも、毎回おしゃべりはこれぐらいにしておきなさい、ってことなのかも。

ぢゃあまた。





posted by ぴの at 15:55| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする