2018年08月11日

脳みそ溶けてる

気をつけているつもりで、なんとなく夏バテみたいな疲労感がたまってることに気づいた。
いつもは簡単にやれてたバイトの作業をしんどく感じたり。

バイトは辞めようとおもうことが増えてきて、なんどか店長に辞めたいって話したけど、超絶人手不足すぎて、泣きつかれるようにひきとめられてる。

昼間は主婦さんたちが入ってるからなんとかなるけど、ほかの時間帯は日本人の学生とかフリーターとか皆無で、ほとんどが外国人と還暦超えの高齢者ばかり。
いま、うちのお店は、主婦以外のまともに作業こなせる日本人はダブルワーカーのわたしと40代の男性ひとりのみ。

外国人スタッフはマジメだけど、複雑な会話になるとまだ難しいとこがあるから、シフトを外国人コンビで埋めることはできない。

シルバースタッフは、うちのお店だけかもしれないけど、ひとりとしてまともに作業をやろうとする人がいない。

年齢的な能力の衰えは仕方ないとおもうけど、それ以上にそもそもまともに作業をこなす気がない人ばっかり。

みんな幼稚園児みたいなレベルのワガママばっか言ってて、人間関係も幼稚園児レベルのもめ事ばかり起こしてて、職場でいい年をしたおじさんもおばさんも、大声で喚きあってケンカしたり泣き叫んだり。

年齢的な作業能力の衰えのサポートをすることはぜんぜん苦でもないんだけど、じぶんの親以上の世代の人たちの幼稚な行動をまいかい見なければいけない環境にうんざりしちゃった。

みんな、わたしともめてるわけではないんだけど、わたしが出勤するとひっきりなしにシルバースタッフさんたちの間のもめ事を本人たちから聞かされる。

話しながら泣き出すおばさんとか、わたしは○○さんには耐えられないって震えながら訴えてくるおじさんとか、だれが仕事をさぼってたとか、だれが臭いとか、そういう話が出勤した途端にわたしにシャワーみたいに降りかかってくる。
店長もうんざりしてるみたいだけど、人手不足すぎてだれも辞めさせれないから、職場崩壊寸前。

わたしは怒鳴る人って苦手なんだけど、大人が三歳児みたいな語彙(バカとかクサイとか)で罵りあったり、わーわー声出して泣く姿を見ちゃうのは、じぶんのメンタルダメージがすごいのを知った。

あちこちで見かけてたコンビニがどんどん閉店する。
新規開店してからさいしょの更新を継続しないとこばっか。

閉店した建物はいつまでもテナント募集の紙が貼ってある。

学生と若いフリーターが主力でまわしてたコンビニは、いまは外国人や高齢者がいないとなりたたなくなってる。

外国人のバイトさんたちとはたのしく働けるんだよねー。
それぞれの国の話をたくさん聞けておもしろいの。

レジをセルフ化したら日本語が堪能じゃないバイトさんたちでもシフトまわせるから、コンビニは深夜帯だけでも有人レジ廃止でいいとおもう。
深夜帯をセルフレジオンリーにすれば強盗リスクも減るし。


仕事の苦労って。
どんな業種も、そのほとんどが人間関係が原因だねー。

作業そのものはどんなに大変でも、やりとげたら達成感があるからたのしいんだけど。
人間関係には、必ずしも努力をすれば解決できる、っていう出口がないから。
努力するだけムダってことも多い。

書くお仕事だって、ストレスはぜーんぶ人間関係から発生する。

わたしの脳みそは、人間関係で悩みだすと溶けちゃうから、なーんにも役立たないの。



posted by ぴの at 21:00| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする