2018年10月25日

夏はおわってない

こんな10月の下旬になっても、日中の気温が20度越える日は、森で蝉時雨。

このまえは天空の城を包んだようなもくもく高い入道雲の空、突然の雷雨、まるで真夏の夕立。

コンビニのレジまえに並べられた月見団子を見て、今夜が十三夜だと気づいた先日。
たまたま太平洋の目のまえにいて、十五夜と十三夜の海面のキラキラの違いを楽しんだ。

月が欠けると海面のキラキラは赤みを帯びる。
三日月のときでも海に月の道が出来たけど、満月のプラチナロードと違って銅色の道だった。


いろいろまた具合がわるい時期があって、いろいろたくさん検査して、たーくさんの医療費がかかって。

でも、結果は予想外にわるくなくて、数値的には寛解、って言われた。
完治はしないけど、寛解。

具合がわるいー、っていう自覚症状のいろいろは、今回はその持病のものじゃなくて、ストレスのせいだろうって。

こまるね、ストレス。
紛らわしいよ、ストレス。

ストレスにぶーぶー文句言っておしまい。


ネットで生存報告する意味もないけど、ときどき生きてる証みたいな感じの更新。


さいきんねー。
ダイ・ハードにはまって、見てなかったやつもぜんぶ見た。

4→3→5→1→2
の順番。

1が一番おもしろかった。
マクレーンおぢさんに髪の毛あったし。

でもー。
わたしは5が一番好き。

こんなおとうさんがいたら息子もタイヘンだよねー。


入院するとき、ヒマつぶしにコンビニで買ったコンビニ版のコミック。
プラダを着た悪魔を参考にしてるっぽい感じの女性誌の編集部の話。

その業界最先端な位置付け設定の女性誌で婚活の企画ページがあって。
その内容がぜんぜんぜんせなぜんぜん前時代的で、わたしは呆れた。

あくまでわたしが、で、世の中の婚活感覚ってあんな感じなのかもしれないけど、わたし、婚活の実態なんて知らないし。

男のまえでは、その男より出来ないふりしろ、っていうの。
コイツ、オレがいないとダメだな、っておもわせろって。

えー。
そんな男とケッコンしたいー?

じぶんよりバカな女がいい、とか、じぶんを立ててくれる女がいい、っていう男と夫婦になってしあわせなのー?

これって男をバカにしてる内容じゃないのー、っておもうし。

そんなに男って自信も自尊心もないイキモノなの?って。

じぶんのパートナーがじぶんより優れてたら、うれしくなったり、リスペクトしたり。

パートナーにじぶんが優れてるように扱ってもらうより、相手の優れたぶぶんをお互いにリスペクトしあえる関係のほうが、ふたりともしあわせになれるとおもうのに。

相手より出来ないふりをすると相手がうれしいはず、っていうのは、相手をバカにしすぎ、ってわたしはおもっちゃう。

じぶんより劣る女=かわいい女、って感覚のカレシなんていらないよー。
夫婦になりたいともおもわない。

そんな女が男から愛される女だなんて企画の雑誌が業界最先端の女性誌、っていう設定にめまいがした。

わたし、男から愛される女なんて、じぶんをつくれない。

じぶんはじぶんだよ。
人の好みにあわせたら、じぶんがじぶんのものじゃなくなるじゃーん。


 

posted by ぴの at 14:05| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする