2019年03月24日

安楽死

寛解ってわたしには合わない。
病気ならずっと具合悪いほうが精神的に慣れる気がする。

さいきんまた体調にいろいろ異変かんじて、あ〜やっぱりダメか〜、ってなんか落ち込む。

持ち上げて落とされるみたいな。
それなら少しずつ下降しつづけるんでいい。

「死」そのものはまーったく怖くないし、ときどき早くそうなっちゃえっておもうこともあるけど。

「死」に至るまでがどうしてもめんどくさい。
医療的になにもしないでそのときを迎えれるわけじゃないから、その医療的なことをいろいろやらなくちゃいけないのがめんどくさい。
苦痛もイヤだし、苦痛に耐えるじぶんを作るのがめんどくさい。

一瞬で死ねたらいいのに。
どうせ老衰以外のめんどくさい病気で死ぬのなら、さくっと安楽死したいな。

生きるのもめんどくさいけど死ぬのもめんどくさい。

仕事をしていて。
家の模様替えとかしていて。

ふっと、こんなこと今やってもなんにも意味ないのに、っておもって、なんかなにもかもがバカらしくなるようになった。

年金払うときなんてほんと虚しさしかないし。

桜がことしも咲いて。
毎日早くなる日の出、遅くなる日の入り。
夜明けと夕暮れにキラキラ輝く金星。

この地球にわたし、いれるのはいつまでなんだろう。

今日も海を見にきた。
鴨川の海ってこんなに明るいブルーなんだってびっくりした。

ブルーな海に溶けちゃいたい。


posted by ぴの at 20:03| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする