2020年03月17日

雪降ってサクラ咲く

何年も更新をずっと追ってる大好きなブログの最新記事にかなしくなった。
去年から留学を決意して、きちんと準備を重ねて、いよいよ留学生活スタート、って矢先のこの感染症騒ぎ。
いろいろがんばっても最終的に今回は断念した結論に、わたしも勝手に「わーっ」、ってかなしくなって悔しくなって。

1月の頃はまだ、「かかってもだいたいは軽い風邪で済むってね」って他人事のような雑談の話題のひとつに過ぎなくて。
マスクが手に入りにくくなると、「新型肺炎なんかより花粉で困るんだけどー」なんて、やっぱりまだ他人事のような遠い話として軽口叩きあってて。

日本は大丈夫だとおもってた。
なんとなく。

そんな呑気なわたしだった。

でも、あれよあれよというまに、ぜんぜん他人事じゃなくなって、じぶんの世界が変わって、わたしはじぶん事として、世界の激変に怯えてる。

感染症の時の解熱剤の使用について、いろいろテキトーすぎたみたい。
頭痛持ちのわたしは、常にイブプロフェンを持ち歩いてて、週に一度は飲んでた。
ぜったいに切らさないように家にはストックもある。

いままでは軽い風邪や多少の発熱なら、イブプロフェンを飲んで働いてた。
風邪ぐらいで休めない仕事だから。
休めるのはインフルかノロだけ。

そんな日々、カラダを動かして生活をとめないようにするのに、イブプロフェンはわたしにとって生活必需品だった。

発熱は安易に薬で下げちゃいけない、って、なんとなく知ってたつもりだったけど。
そんなに深刻に考えてなくて、インフルだったら飲まないけど、仕事休めない風邪程度なら頭痛がイヤだからって、栄養剤的な気持ちで飲んでた。

そんな軽い気持ちでいい加減な飲み方しちゃダメだね。
新型のコロナは最初は風邪と区別つかないっていうし。
これからは、風邪っぽくなったら、こわい感染症かもしれないって慎重に、じぶんのカラダ、ケアしなくちゃ。

区別つかない頭痛のために、アセトアミノフェンの市販薬を買っといた。
高いよー。
アセトアミノフェンはわたしのカラダの痛みには、あまり効かないし。
買いやすい値段でよく効いてくれたイブプロフェンに感謝しちゃう。
いままでたくさんわたしを助けてくれて、ありがとう。
鎮痛剤とはこれから賢くつきあっていくしかない。
無知なままじゃ、じぶんでじぶんを壊す。

でも。
ただしく予防するのって、結構めんどくさい。

買い物したら買ったものをぜんぶ消毒する。
みんなやってるの?
わたしはムリ。

手を洗う。
うがいする。
それはやるけど、マスクの着脱、ぜんぜん正解のやり方じゃない。

外で何か触る。
公衆トイレを利用する。
携帯用アルコールがあれば安心だけど、そんなもん、売ってるのすら見たことない。

普段の家の掃除はだいたいキッチンアルコールを使ってた。
台所、洗面所、バスルーム、トイレ、寝室、仕事部屋、車の中。
それぞれにスプレーボトルを置いて、毎日シュッシュッ使ってた。
吹きかけておけばいいから、めんどくさがりなわたしにうってつけ。
でもいまはアルコールが買い足せないから、お手軽除菌生活断念中。

外にはウェットティッシュを持ち歩いてた。
手が荒れるし、いろんなことに使うから、ノンアルコールの普通の。
でもいまは、アルコール必須。
だけどアルコール除菌ウェットティッシュだって絶滅状態。

このまえ、たまたま幸運にもスーパーでひとつだけ、筒状ケース型のアルコールウェットティッシュが棚に残ってて、「わーい」ってカゴに入れた。
そしたら、すぐ横でカートを急いで転がしてくる音がして、幼稚園ぐらいの男の子を連れたお母さんが、「あ」ってかなしい小さな声あげた。
男の子と手をつないで、空っぽの棚を黙って見てた。
だから、わたし、それ譲った。
小さい子どもがいたら消毒に神経つかうよね。
アルコールがいちばん手軽だよね。

必要な人たちに必要なものが届かなくなった生活。
わたしはアルコールを使わない方法を、いまはまだ考える余地はある。
手をただしい方法で洗ったり顔をぜったい触らない、なんて子どもに徹底できるわけないじゃん。
オトナだって気づくとうっかり顔触っちゃうし。

早くアルコールが簡単に手に入るようになって、って祈る。

ぜんぜんていねいじゃなくて、雑に生きてても。
だらしなくて、家の掃除さぼっちゃう日々でも。
多少の体調不良でも、じぶんを養うために仕事して。
なんだかいろいろテキトーでも、いろいろなんとかなって、笑っていれる生活を繋いでた。

そんな日々への未練がたちきれない。
世界は変わったのだと、じぶんを進化させれない。

夜の首都高をそっと走った。
夜景は変わらずステキで、きらめく街の灯りは神さまがこぼした宝石のようで。

あのキラキラした景色に、おそろしいウィルスが蔓延してるなんて考えれない。

見えないウィルスを見ないようにして生きたいけど。
見えないウィルスの影響は、確実に暮らしのあちこちに見える。

ディズニーシーに行きたい。
ソアリンすごいんだよ!
世界中を飛んでまわって、最後に東京に戻ってくるあの感動。

また行こうね。
何度でもソアリン乗りたいね。

って言ってたのに。
その「また」は、いつ来るかな。
なんの不安もなく、おもいっきりたのしめる「いつか」の日。

このまえ雪が降って、おなじ日に桜が開花した。

いろんなものがミックスされた日々に、でも、いいこと、ステキなこと、そういうのだってちゃんとあるはず。

じぶんの世界のどこかに花が咲く。
その花を見つけて愛でる。
花の咲く音に、耳をすませて。
じぶんの泣き言でかき消さないようにして。



posted by ぴの at 23:24| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする