2019年05月26日

英語でおしゃべり

この数日ものすっごい猛暑らしいけど、湿度が低いせいか、わたし的には不快感ゼロなきもちいい暑さ。

真夏がこういう暑さならぜんぜん許せるのにー。



バイト先が外国人だらけになった。
たのしいよー。

うちのお店は南アジア系の人ばかり。
彼らは母国語のほかに隣接する国の言葉と英語がペラペラで、そのうえ日本語も話せちゃうすごい人たち。

日本語がいちばん難しいって言うけど、バイトしてるうちにどんどん漢字も読み書きできるようになってくのがすごい。

でも仕事をおしえるのに、わかりやすい日本語がおもいつかないときとか、わたしはわたしで辞書片手に英語を使うようになった。

いろんな雑談するのもたのしい。
彼らの国のはなしをたーくさん聞いたり、いろいろ日本について質問されたり。

だから日本のいろんなことをわたしも勉強し直してる。
令和になったことも話題にされて、天皇制のはなしとかもした。

日本語だけで伝わらないときは英語も混ぜる。
彼らも日本語でうまく話せないときは英語で話してくる。

だからねー。
なーんかちょっぴりだけ、わたし、英語で話せるようになってきた。

英語圏の外国人のお客さまにも英語が自然に出るようになった。
文法とかわかんないままだから、メチャクチャな英語だけど、でもだいたいは伝わる。

洋楽のおかげで聞き取るのはわりとできてたから、あとはじぶんが話せれば、英会話もどきができるよ!

ひゃー。
日本の底辺でひきこもるように暮らしてたって、外国人がじぶんの生活に入り込んできて、なんかすっごいたのしくなった。

海外にでなくても、いろんな国の人と働けるなんていい時代になったねー。

わたしのともだちも高校のときは英語なんてぜんぜんできなかったのに、いまは外国人がたーくさん来るテーマパークで働いてるから、みるみる英語が話せるようになってびっくりしたし。

外国語って机上の勉強より、実際に外国人と接したほうがらくらく身につくね。
外国人のバイトさんたちも、日本語学校で勉強してる人より日本人の恋人がいる人のほうが自然な日本語ペラペラだった。
日本語学校で習ってる人たちはただしい日本語使うけど、日本人から直接覚えた人はわたしたちとかわんないしゃべり方して、まるで日本生まれの日本育ちみたい。

わたし、インドやネパールが世界地図のどこらへんにあるかもわかってなかったけど、いまはわかるよ!

いろんな外国人の新人さんが来るたびに、その国のガイドブックを図書館から借りてきて、いっしょに見ながらいろいろはなしを聞くの。

彼らが日本でどう暮らしてるか、そんなはなしを聞くのもたのしい。
じぶんの地元でも知らなかったことがいろいろあったことに気づいた。

自炊する外国の人たちが自国料理の食材をどこで買ってるとか、ねー。



ビリー・アイリッシュのアルバム買った。

ラジオでよく聴く曲以外は、うーん、ってかんじだったけど。
でもだらだら聴いてるうちに、じわじわハマってくる。

夜、薄暗くした部屋で流しっぱなしにするのにいいアルバム。









posted by ぴの at 02:54| オーランド ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

ピグが終わっちゃう

いま知ったよー。
(T_T) 


たのしくてたのしくて。
リアルのいろんなつらいことから逃げ出してのめりこんだ世界。

じぶんで作った街を駆け回ったり、お庭に佇んだりするのが、ものすっごい癒しだった。

ピグに夢中になってたあの頃に戻りたい。
ピグの中で生きたい。

ピグと一緒に消えるんならそれもしあわせ。

ライフはスマホのアプリで継続されるみたいだけど。

あの頃に戻りたいよ。
たくさんの素敵な思い出がある世界に。
またあの素敵な時間を味わいたい。

移り変わる世界に魂をうまく漂わせるのはむずかしいね。



posted by ぴの at 14:43| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

桜と菜の花とカエルとおしり

鬱々な海に漂ったままの毎日。

平成から令和になるらしいんだけど、じぶんには関係ない話題みたいに、遠いとこから聞こえてくるラジオとおなじ。
なにか言ってるなー、っておもいながらもちゃんと聞き取る気がなくて、なにを言ってるかわかんないままにしとく。



このまえの週末はお花見ドライブに行った。
久留里街道はただ走ってるだけで素敵。

昼間なのにぜんぜん道は渋滞知らずで、水を張った田んぼの脇を走って、古風な町並みを走って、山の中を走って、湖を渡って。

冬を越した葉っぱ。
生まれたての葉っぱ。
緑の濃淡の景色の中にぽつんぽつんと淡いピンクの桜の木。

桜の木の下に群れて咲く菜の花。

道沿いの民家の花壇には色とりどりな春の花あれこれ。

直視しても大丈夫なぐらい柔らかい光りになって膨らんだ太陽が西の空をゆっくり落ちてきて、田んぼの水に映って双子の夕陽になる。

車の窓を開けるとカエルがゲコゲコ。
4月のこんな早い頃からカエルって鳴いてたっけ?

冬の寒さを満足に楽しめないまま春になっちゃった。

今日は冷たい雨。
ときどき雪っぽくなるけど雪にはならない。

地面が白いのは雪じゃなくて、昨日の風で飛んだ桜の花びら。

来週は夏みたいな暖かさになるらしいから、今日が冬とのお別れの日かな。

また来てね、冬。
早く来てね。

冬しかない世界にいつも憧れてる。



おしりたんていが好きすぎて、毎日欠かさずこの動画見て癒されてる。

おしりたんていさん、カッコイイよー。
ほんと、恋しちゃう。










posted by ぴの at 14:56| オーランド ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする